FMスクリーニング印刷

一定の大きさの網点をランダムに分布させ、その密度によって濃淡を表現することで、細かい柄の印刷などでモアレが発生する課題を解決いたします。

AMスクリーニングとFMスクリーニング

一般的なオフセット印刷であるAM(Amplitude Modulation)スクリーニング印刷方式は、1インチ四方に175個の網点がお互いに干渉しあわないように位置(角度)をずらして配置されたもので、網点の大小で色の濃淡を表現しています。しかし、実際には干渉しあってモアレという現象を引き起こす場合がありました。

それに代わり、きめ細かで発色が良く質感を出せる印刷方式が開発されました。それがFM(Frequency Modulation)スクリーニング印刷方式です。1インチ四方に約600個の網点がランダムに配置され、お互い干渉しあわないようにしたもので、一定の大きさの点の密度によって濃淡を表現します。網点が小さい上、角度を持たないためモアレも起こらず、色域もAMスクリーニング方式に比べ大幅に広がり、色調の鮮やかさが増します。

さらにはFMスクリーンの中間からシャドウ領域の安定性の問題や、ハイライトから中間調でのざらつきなどを解消すべく、AMスクリーンと両方のドット構造と配置の長所を利用したAM/FMハイブリッドスクリーニングもあります。

現在、秀英堂紙工印刷およびプリプレスの関連会社である日本プロセスではFMスクリーニング「Randot X」、AM/FMハイブリッドスクリーニング「Fairdot 2」を採用しております。

AMとFMの違い
各階調の表現(イメージ)
AM/FMスクリーニング比較(イメージ)

FMスクリーニング「Randot X」(20μm)

色彩豊かな再現性に加えて、シャドウのつぶれが少なく、シャープな質感、鮮明なディテール表現を可能にします。また、干渉モアレやロゼッタモアレはもちろん、急激なトーンジャンプも解消。効率的な光の吸収により、AMスクリーンでは得られない鮮やかな中間色と広い色再現を可能にするなど、ワンランク上の美しい連続調の印刷品質を実現します。中間領域に整然としたドットパターンを形成することにより、中間調のざらつきや不規則なパターンの発生などの問題を解消。階調の安定化によって、滑らかな色再現が可能となります。

>>株式会社SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ「Randot X」詳細ページへ

AM/FMハイブリッドスクリーニング「Fairdot 2」(350線相当、650線相当)

FMスクリーンとAMスクリーン両方のドット構造と配置の長所を利用し、画像の濃淡に応じて網点を使い分け、絵柄のあらゆる部分において最適な表現を行います。

濃度1~10%のハイライト領域と90~99%のシャドウ領域では、FMスクリーンのように一定の大きさの網点を用い、密度を変化させることで階調表現をしています。そして、10~90%の中間領域では、AMスクリーンのように網点の大きさを変えています。ドットはFMスクリーン同様ランダムに配置されていますので、スクリーン角度で干渉が起こることはありません。

>>株式会社SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ「Fairdot 2」詳細ページへ

お問合せはこちらから

044(8500451

(代表番号/平日 9:00〜18:00)

または、メールにてお問合せください

contact@shueido.co.jp